疑似恋愛に目覚めた40代男

齢40を過ぎると、夫婦での営みなんて皆無となり、時々、この先は出会い系サイトでも性欲を満足させられるような出来事が起きないのでないか?
そんな気持ちになることがある。
当然、性欲は以前より落ちているので、性欲の周期がハレー彗星なみになっているが、それでも半年に一度、いや3カ月に一度位は爆発させたくなる。
まだ、風俗でごまかしているうちはいいけれど、今後は射精の快感だけではなく、女性の優しさだったり恋愛的な満足感を求めてくる。
そうなるとひたすら黙って蒲団にもぐり、朝を迎えるしかなくなる。
今更恋愛なんて、という諦めの感情で自分の言い聞かせるのだ。

職場を共にする女性にすら、恋愛感情を抱きたくなる。
この子でいいから、恋愛の相手をしてもらえないだろうか?
給湯室や廊下ですれ違っただけで、胸が高鳴る。
職場の飲み会があれば、行動に移す訳ではないが口説いたらもしかして、そんな気持ちになっている怖い自分もいたりする。

職場はさすがに危険、理性が働くから自分はまだ大丈夫だ。
そう言い聞かせて、出張中にデリヘルを呼んだ。
恋愛感情のはけ口として、そのお口で処理してもらえれば十分だと思っていた。
今まではされるがまま、マグロとなってイカせれもらっていたが、そんな恋愛感情が先だって、十代の頃の始まり方
隣に座って、キスして、手を繋いで、今まで面倒だと感じて省いていたものが、妙に自分を駆り立てることに気がついた、
射精だけが目的のセックスや風俗だったけれど、恋愛感情を思い出させてくれる楽しみ方がようやくわかった。
これは危険。近所出会い系などにはまってしまいそうで怖い。

入れさせてはくれなかった事だけは明記しておきますが・・・。

おしりの大きな女

私はあるとき出会い系サイトでナンパした女とホテルに行く事が出来ました。
彼女をナンパしたのは非常に私好みの体系だったからです。特に、おしりが大きめでぽっちゃりとした体系でした。
彼女は30代中盤の熟女といえる年齢でしたが、美人で色気があったので一目ぼれしてしまいました。

二人ともシャワーを浴び終わると、私はいつものように愛撫しまくりまいた。
赤ん坊のように、胸をひたすら吸いまくり年上の彼女に甘えました。そして、彼女のマンコをひたすら手マンで攻めました。
それが終わると彼女のおしりを舐めまわしました。大きなお尻なので、マシュマロのような感触がします。

おしりを舐め終わると、顔面騎乗をしました。私の性癖は大きなおしりの女性を顔面騎乗することです。
彼女の大きなふっくらとしたおしりが、私の顔を覆うので私は大興奮です。

また、彼女のプリプリのマンコが顔に当たるので、顔が愛液でびちゃびちゃになります。
そのように、彼女の下半身を堪能したら、後はセックスを楽しむだけです。

千葉出会い系で出会った彼女はぽっちゃりとした体系なので、セックスをしていると体全体の肉が揺れるので大変エロく感じます。
それを見ると、私のテンションは上がりその夜は、激しく彼女と愛し合いました。

このようにおしりの大きな女性は私の大好物です。
それから、これ以降も私は繁華街でおしりが大きめの女性をナンパして、ホテルでセックスを楽しんでいます。
これからも、楽しいセックスライフを送りたいです。

教え子の母親と・・・・

私は学生を終えても就職が決まらなかったので、フリーターをして出会い系サイトにはまってる時期がありました。
働いていたのは学習塾の講師であり、得意の英語を中学生に教えていました。
私は名門大学を卒業したわけではないですが、英語だけは得意なので採用されました。

塾では多くの子供達と触れ合えて、生徒からも慕われていたので本当に良い経験が出来たと思います。
そして、それ以外にも「良い経験」をすることが出来ました。
私の担当の生徒で英語が苦手な生徒がいたのですが、私の指導により成績が上がり、保護者の方から感謝の言葉をもらったことがあります。
そして、その生徒の母親はよく塾に訪れるのですが、そのたびに私に挨拶をしてくれました。

そして、あるときにその母親に休日に家庭教師として、自宅に来てくれないか頼まれました。
個人経営の塾だったので塾長からも了承を貰ったので、私は行く事になりました。
それをきっかけに、私は週末にその生徒に英語を教えに行きました。

生徒との授業が終わると、母親と雑談をしたり、プライベートな話題で話をすることになりました。
それから私と母親は互いにメールアドレスを交換して、連絡を取り合う仲になっていました。
そして、時間が経つごとに私達の距離は縮まっていき、互いに密会をするようにもなりました。

彼女は当時41歳ですが、いかにもセレブと言う身なりであり、色気を感じる熟女でした。
そして、何度か体の関係になったのですが、彼女とのセックスは今でも忘れられません。

彼女はエッチの歳は、普段の落ち着きとは違い、野獣のような目つきになります。
特に、フェラチオをする際には、空腹の犬が餌を食べるように、むしゃぶりつきます。
そして、私のアソコを彼女のアソコと連結すると、今度は子犬のように高い声で喘ぎます。

セックスの最中には「おちんぽきもちいー」や「おっきくて硬い」とセレブとは思えない言葉を発しています。
それから、事後も青森出会い系好きの彼女は私に寄り添ってきて、キスをしながら私のアソコを触ってきます。
このように、教え子の母親とセフレ関係になっており、フリーター時代の一番の思い出です。